FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FX用語集「ポジション」

FX用語を調べていると「ポジション」という用語を頻繁に目にすることと思います。
これは、それほど難しい意味のFX用語ではないので、初心者でも楽しんで学ぶことができるかと思います。

用語10◆ポジション
ポジションとは、FX取引を行う際のあらゆる状態のことを指します。
為替を保持している状態もあれば、取引を行っていない状態もあります。
もちろん、これもFX取引に限った用語ではなく、また保持している金融資産が株である状態も含まれます。(株初心者にはポジションという言葉はなじみないですが。)

では、数あるポジションの種類を以下にまとめます。

「買いポジション」「ロングポジション」
・・・資産(FXにおいては為替・外貨)を購入して売り決済をしていない状態。「ポジションを保有している」といった言い方もある。
「売りポジション」「ショートポジション」
・・・資産を売却して買い戻し決済をしていない状態。
「ノンポジション」「ノーポジ」
・・・取引をしていない状態。

FXを行うということは、上記のうちのどれかの状態にあることになります。
もちろん、ノンポジション以外の状態こそがFXを行っていると言えますが、買いポジション、売りポジションの状態にあるということは、なんらかのリスクを背負っている状態にあるということにもなります。
ノンポジションのときには、外国為替業者が原因となる業者リスクはあっても、為替変動による変動リスクはありません。
この状態を「スクエア」ともいいます。

また、取引を新しく行うことを「ポジションメイク」といい、その他「ポジションを建てる、取る」という表現方法もあります。
持高を示す表現には「ポジションを減らす、膨らませる」といった言い方も。
・・・ここまで来ると、ほぼ業界用語のようなものですが。

経済