FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FX用語集「スプレッド」

用語5◆スプレッド
スプレッドとは、為替に対する“売り”と“買い”の差額のことです。
売り手を「Bid」、買い手を「Ask」と表記し、もし米ドルと日本円のスプレッドが「Bid・100.00」かつ「Ask・100.10」と表記されていた場合、そのスプレッドは10銭であると読みとることができます。
つまり、この場合為替を売るにも買うにも10銭の損失が出るということになります。

スプレッドの読みとり方は以上ですが、スプレッドの意味として、それはFX業者の利益であるともいえます。
というのも、FX業者にとって取引手数料の代わりとなっているのがこのスプレッドであるため。
ここ最近、ほとんどのFX業者は取引手数料を無料としており、それが当然であるという傾向が強まっています。
そのため、利益が手数料からではなくスプレッドから得られるようになっているのです。もし手数料が少なからず生じるFX業者であれば、個人投資家は二重に手数料を支払っているとも考えられるでしょう。

では、手数料と同じようにスプレッドも低い方が良いのかというと、その通りです。
上でも述べたとおり、スプレッドが10銭ならば、売るにも買うにも投資家にとっては10戦の損益が出ることになり、その益はFX業者へと入っていきます。
投資家としては損益が少なければ少ない方が良いものですからね。
そのため、FX業者選びの際には、手数料の有無ばかりではなく、スプレッドの高低もチェックポイントとなります。

経済