FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FX用語集「スワップ」

前回、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の説明の際に、「FXスワップポイント」というFX用語を例に挙げてお話ししました。
「スワップポイント」・・・覚えていらっしゃいますでしょうか?
そう、いちばん最初に「FX」をひとつのFX用語として説明したときにも「スワップポイント」なるFX用語は登場しましたね。
今回は、満を持してFX用語「スワップポイント」の説明にあたります。

用語9◆スワップ
スワップポイントとは「スワップ」というもののポイントのことですが、では「スワップ」とは何か、ということから述べさせていただきます。
FXのスワップとは、外貨を発行している金利差のことです。
我々日本人から見れば、日本と対象の国の金利差を指していることになります。
スワップポイントとは、その金利差から発生するポイントです。
保持している外国為替を発行している国の金利よりも日本円の金利の方が低い場合、その為替を購入したときの金利差がスワップポイントとなり、金利収入として加算されるのです。
例えば、対象為替の発行国が金利を5パーセントとしており、対して日本が1パーセントの金利である場合、その差は4パーセントとなるのでこれがスワップポイントとなります。

このように日本の金利の方が低ければ加算されるスワップポイントですが、当然その逆もあり得ます。
日本よりも金利が低い国の為替を買った場合、スワップポイントは加算されるのではなく支払うことになりますので、ご注意ください。
ちなみに、このスワップポイントについてもFX業者を選ぶ際のポイントになるので、しっかりと念頭においておきましょう。

FX用語集「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」

これまでは1度につきひとつのFX用語を紹介してきましたが、今回は1度にふたつの用語を紹介しようと思います。
もちろん、これらふたつに関係があるためですので、皆さんもセットでこれらのFX用語を覚えましょう。

用語8◆キャピタルゲイン、インカムゲイン
まずキャピタルゲインですが、これはFXにおいては為替差益によって得られる利益を指します。
FXそのものが為替差益によって利益を得て行く取引ですので、特に望まれるものであることは言うまでもないでしょう。
この用語の使いどころは、為替の購入価格と売却価格の差で利益が発生したときに、それをキャピタルゲインと呼びます。

今回、この用語と「インカムゲイン」をセットに説明しているので、では「インカムゲイン」とは「キャピタルゲイン」の反対用語で、為替差益によって損益が発生した場合のことか?と思われるでしょうが、そうではありませんのでご注意ください(^_^;)
為替差益による損益を意味するキャピタルゲインの反対用語は「キャピタルロス」と言います。

では「インカムゲイン」とはどういう意味の用語かというと、利益の元が為替差益であるキャピタルゲインとは違い、為替差益以外のものを要因として得られる利益のことを指します。
例えば、株取引においては配当金がそれにあたりますし、銀行預金等における金利もそれに含まれます。
FXにおいては、スワップポイントによって得られる利益がインカムゲインとなります
金利は必ずしも利益となるものではありません。
当然、損益を被る場合もあるので、その場合はインカムゲインの逆として「インカムロス」ということができるでしょう。
ただし、これは外国為替業者など一般的に使用されている用語ではありませんのでご注意ください。

経済